トップへお気に入りに登録ご利用ガイドよくある質問サイトマップ 
▼あなたを絶品の品々へご案内いたします。 いらっしゃいませ ゲスト
絶品堂とは?Zeppinな嗜好品Zeppinな身嗜みZeppinな贈り物Zeppinな休日・癒しZeppinなナイトライフ
会員メニュー 今日の運勢 | お気に入り | 仲間を招待する | 登録情報 | 購入履歴
新規会員登録
メールマガジン登録 商品カテゴリ
ワイン
チョコレート&スイーツ
お取り寄せ食材
  一覧へ >>
贈り物カテゴリ絶品堂musiczeppindo 倶楽部
絶品な知識
お客様の声
芥川陽介的ライフ
JAZZとそのお話
編集者の言葉
どうすればお金持ちになるのか
Bio診断

私って誰?

  一覧へ >>
▼お問い合せ
03-5766-2371
info@zeppindo.com

全ての商品やサービスについて、絶品堂スタッフが親切・丁寧に対応いたします。お気軽にお問い合わせください。
ホーム

芥川陽介的ライフ
芥川陽介
コンサルタント(株)シンクアウト代表 年収2,000万
高校卒業後、アメリカへ留学。デューク大学でマーケティングとコンピュータサイエンスをダブル専攻する。卒業後は大手メーカー、コンサルティング会社を経て、29歳で独立。現在は広尾ガーデンヒルズで♂のドーベルマン"マイルス"と同居中。そろそろ結婚も考えているが、つき合っているGFはいずれも「帯に短したすきに長し」といった感じ…。

趣味…ジャズ演奏(cb.)とスポーツ(サッカー・ダイビング・テニスe.t.c)
愛車…メルセデスベンツE 240(仕事)・ジャガーJ(プライベート)

仕事を自己実現のツールと考えている彼の目下の懸案は、某大手自動車メーカーのコンペを勝ち取ること。ライバル会社はいずれも強力で、若手コンサルタントにとっては厚い壁である。だが、それゆえになおさら闘志を燃やしている。

前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 次のページへ
10-1
飛躍

、、、なら、新社名発表コンファレンスの時の、新規人事部門・通達なんかにも関係してきますよね、、じゃ、それがプライオリティーになってくるから、、ウーン!、、だったら、夜の打ち合わせを今日明日でやらないと、企画書を書けない」「そうなんですよ、、明日は如何ですか?」
「結構ですよ。7:00頃でしたら、、お電話しますよ。」
「場所は赤坂あたりでいいですか?、、旧TBSの玄関前あたりに7:00頃いるようにします。」
「わかりました、、その近所からケータイでご連絡します、、」
・・広告という仕事では、今まで宣伝部・広報部・経理部あたりまでは関係があったが、この世界的な会社の人事にまでかかわりあう事になるとは、陽介も考えていなかった!やり方によっては、シンクアウトがこの企業のキーを握ることになるのかも・・?(とうとうオレの会社もそこまで来たか・・!スゴイじゃないか!Mr.陽介君!!!)〜自分を褒めてあげたい!気分まんまんの陽介ではあった。

グローバル社でのミーテイングの間に香織からケータイにメールがあった。今日の夜は同僚の送別会で遅くなるから、というものだった。
「了解!ガンバリ過ぎないでね・・!」という返信メールを入れて、(ちょうど良かった・・なんて思いながら)花梨へ電話をした。
「芥川です。先ほどはごめんなさい、急に呼ばれてしまって(?)」
「いえいえ、大丈夫です。お忙しい所電話しちゃって、こちらこそゴメンナサイ」
「、、それで、グローバルの社長が・・」
「そうなんです。前からご病気だとは聞いてたのですが、とにかく次のトップ決めに関して、社内でもいくつか意見が分かれていて、それで」
「わかりました(陽介は長くなりそうなのでさえぎった)。明日あたりランチでも如何ですか?」
「えーホント?嬉しいです!」
「じゃ1時くらいに、、少し前に電話しますよ。青山あたりでいいですか?」
「、、楽しみにしてます!」・・(やっと開放されそうだ、今夜は!)とか思いながら、会社の連中には何も言わないで、マイルスを預けてあるペットHOTELへ向かった・・

  マイルスは元気だった!以前よりも毛の艶も良くなっているようにも見えた(確かに陽介と一緒に住んで、毎日その付き合いをさせられたら、いくら犬でも疲れも出てくるだろうし、毛の艶もなくなるかもしれない)。マイルスは陽介を見たとたん、遠吠えのようななき方で愛の表現をしてくれたが、子犬のように尻尾を振ってそばへ寄って来ようとはしない。そのあたりは大型犬の余裕を見せていた。ペットHOTELは割り引きこみで126000円!!という請求をした〜陽介は一瞬驚いたが、もちろん何も言わないで支払いを済ませ、感謝の気持ちとして、(※注)NZのお土産のワインを一本プレゼントした・・(今後のお付き合いの意味も含めて!)

あくる日、陽介はマイルスとの久しぶりの散歩(というよりJog!)を楽しんだあと、会社にもよらずに、表参道から少し外苑前に歩いたところにあるラグロッタセレステに花梨を誘った。久しぶりの挨拶の後、アンティパストと定番のペンネ・ボロネーゼを頼んだ陽介は、白のグラスワインも注文に付け加えた。花梨にはチョット酔ってもらいたかった、、男と女ではなく、包み隠さずグローバル関係の情報を話して欲しかったからだ。(それとこうしたランチ時のワインはハウスワインに限る。若くて、安くて、特にイタリアワインはサッパリしていて飲みやすいからだ)
・・「今のところ最有力なのは、創業者で前の会長派の加藤専務なんだけど、、他にも亡くなった社長お気に入りの鈴木専務や、派閥に属さない一匹狼的な森田常務などもいて、グチャグチャになってるの。私は個人的には、、加藤専務55 対 鈴木専務45、くらいの闘いだと思うのね!」
「(ワインを頼んで良かった、とか思いながら)そうだろうねー。今までの流れから行ってもね」
「だから陽介さんさえ良ければ、前のお話もう1回考えてもらえないかしら?」
「前のお話って?」
「うちの社に来てもらうって言う、、」
「どうしてそれが関係あるの?」
「、、だって、社名変更に乗っかった人事決定の鍵を握るのよ、そこをバッチリやれば、それ以降の仕事はうちが全部仕切れるでしょ。だから今回の社名変更・発表コンファレンスを、競合にしないようにとり計らえると思うのよね」
〜「(何だ、そんなことだったのか!ちっちぇーなー、話が!、、それにその仕事は、もうすでに俺のとこに来てんの!競合なんて始めっからないんだよ!、、前のプレゼンでちゃんとオレが証明してやっただろ?それとも、お前の会社がまだグローバルとつながってると思ってたのか?このタコ女!、、と一瞬のうちで考えて)そういう事なの?それだったらやっぱり無理だなー!競合になったら僕も頑張るよ。君の社ほどのパワーはないかも知れないけど・・」
「、、残念ね。一緒に仕事もしたかったのに・・」
「じゃ一緒に遊ぼうよ!仕事は別にしといた方が、割り切ってもいられるし、さ、、」
・・本位な女性以外には全く冷たい陽介の一面が、ものの見事にさらけ出された!

※NZのお土産のワイン:世界に多種多様のワインがあるが、まずニュージーランドほどワイン作りに恵まれた場所はないだろう!と言われる。味も香織もすべて、欧州のワインには全く引けを取らないどころか、フランスでのワイン大会での金賞は常!一般的にはまだ知られていないが、低い価格帯のワインでも別格!・・1度お試しを!
前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 次のページへ

 Copyright@2007 ISM incorporated All Rights Reserved. 利用規約お問い合わせ会社概要