トップへお気に入りに登録ご利用ガイドよくある質問サイトマップ 
▼あなたを絶品の品々へご案内いたします。 いらっしゃいませ ゲスト
絶品堂とは?Zeppinな嗜好品Zeppinな身嗜みZeppinな贈り物Zeppinな休日・癒しZeppinなナイトライフ
会員メニュー 今日の運勢 | お気に入り | 仲間を招待する | 登録情報 | 購入履歴
新規会員登録
メールマガジン登録 商品カテゴリ
ワイン
チョコレート&スイーツ
お取り寄せ食材
  一覧へ >>
贈り物カテゴリ絶品堂musiczeppindo 倶楽部
絶品な知識
お客様の声
芥川陽介的ライフ
JAZZとそのお話
編集者の言葉
どうすればお金持ちになるのか
Bio診断

私って誰?

  一覧へ >>
▼お問い合せ
03-5766-2371
info@zeppindo.com

全ての商品やサービスについて、絶品堂スタッフが親切・丁寧に対応いたします。お気軽にお問い合わせください。
ホーム

芥川陽介的ライフ
芥川陽介
コンサルタント(株)シンクアウト代表 年収2,000万
高校卒業後、アメリカへ留学。デューク大学でマーケティングとコンピュータサイエンスをダブル専攻する。卒業後は大手メーカー、コンサルティング会社を経て、29歳で独立。現在は広尾ガーデンヒルズで♂のドーベルマン"マイルス"と同居中。そろそろ結婚も考えているが、つき合っているGFはいずれも「帯に短したすきに長し」といった感じ…。

趣味…ジャズ演奏(cb.)とスポーツ(サッカー・ダイビング・テニスe.t.c)
愛車…メルセデスベンツE 240(仕事)・ジャガーJ(プライベート)

仕事を自己実現のツールと考えている彼の目下の懸案は、某大手自動車メーカーのコンペを勝ち取ること。ライバル会社はいずれも強力で、若手コンサルタントにとっては厚い壁である。だが、それゆえになおさら闘志を燃やしている。

前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 次のページへ
3-1

陽介はその水着を手にとり、花梨の肩にそっと当ててみる。少し酔いが回っている花梨がふり返りざま、フっと息を吐いた。その暖かさを首の回りに感じた陽介は・・もう抑えることができなかった!・・予定通り、彼女をベッドへ押し倒したのだ!
開け放たれたバルコニーの扉越しに、夜の地中海の波音が優しく響いている…

すぐ目の前でルーレットが回っている。やがて盤の回転が徐々に減速し、球はある数字の上でピタリと停止した。
「ううっ、ゼロだ…。信じられないっ!」愕然として陽介は叫んだ。彼は赤に全てのチップを張っていたのだ。頭を抱えながら無情にも賭け金を取り上げようとするディーラーに食ってかかる。
「おい!これは八百長だっ!」…迷惑げに顔を上げたその顔は、なんと(※注)恋愛小説家のキタガワ氏だった!
「勝負も色恋もすべては時の運!潔くあきらめなきゃ、男なら、ね!」
「キ、キタガワさん、どうして…」思わず絶句していると、遠くで女性の声が聞こえた。
「ねえ起きて。どうしたの?」ゆっくりと瞼を開く。ぼやけた視界が焦点を結び、心配しながらも微笑みを浮かべて覗き込む美しい女性の顔が見えた。
「あ、君は…花梨!…何だ、夢だったのか!…」
「そうよ。貴男、訳の分からない事、何度も叫んでたわ」起きあがり周囲を見回す。もちろん、そこは昨夜から宿泊しているパレ・ドゥ・ラ・メディテラネの一室である〜(夢か…。それにしてもおかしな夢だったな) 陽介は額に汗を浮かべ、不思議そうにこちらを眺めている花梨に微笑み返した。
「枕が変わっておかしな夢を見たみたいだよ。驚かせちゃった?・・じゃ、気分転換にもう1回だ・・!?」
「え・・?」恥ずかしがって真っ赤になる彼女はとてもカワイイ。「私、お腹が空いてきた!それに、一度自分の部屋に戻りたい。」そう言うと花梨は、冷たく陽介の手を振り切って、手早く服を身に着けて寝室から去って行った。一人で残された陽介は、二日酔いでガンガンする頭で、ちょっと残念だったなー、あさって特別なのに・・と思いながら、ベッドから出て(落ちて)バスルームへ這っていった。
不吉な夢の残滓を、熱いシャワーでさっぱりと洗い流した後、わざわざ自宅から持ってきた(※注)愛用の英国製ブラシで歯を磨きながら、今日一日の計画をぼんやりと思い浮かべてみた。
(まずはカフェオレでも飲みながら、花梨のリクエストを聞いてやろう!どこへなりともエスコートしてやるよ!独りぼっちになるはずだったオレに、こんな素敵なプレゼントをくれたお礼だよ・・予定通りにカンヌ行きを決行してもいいし、持ってきたTバック水着、一緒に着てもいいし…)

※恋愛小説家のキタガワ氏:陽介のいきさつについては、第一章2話をご参照のこと。

※愛用の英国製ブラシ:歯ブラシに限らず、陽介が愛用するブラシ類のほとんどは、イギリスのケント社製品。英国王室御用達ともなっているKENTのブラシは100%天然の豚毛(ブリッスル)を使用しており、使い心地が素晴らしいだけでなく環境にもとても優しいのである。
前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 次のページへ

 Copyright@2007 ISM incorporated All Rights Reserved. 利用規約お問い合わせ会社概要