トップへお気に入りに登録ご利用ガイドよくある質問サイトマップ 
▼あなたを絶品の品々へご案内いたします。 いらっしゃいませ ゲスト
絶品堂とは?Zeppinな嗜好品Zeppinな身嗜みZeppinな贈り物Zeppinな休日・癒しZeppinなナイトライフ
会員メニュー 今日の運勢 | お気に入り | 仲間を招待する | 登録情報 | 購入履歴
新規会員登録
メールマガジン登録 商品カテゴリ
ワイン
チョコレート&スイーツ
お取り寄せ食材
  一覧へ >>
贈り物カテゴリ絶品堂musiczeppindo 倶楽部
絶品な知識
お客様の声
芥川陽介的ライフ
JAZZとそのお話
編集者の言葉
どうすればお金持ちになるのか
Bio診断

私って誰?

  一覧へ >>
▼お問い合せ
03-5766-2371
info@zeppindo.com

全ての商品やサービスについて、絶品堂スタッフが親切・丁寧に対応いたします。お気軽にお問い合わせください。
ホーム

芥川陽介的ライフ
芥川陽介
コンサルタント(株)シンクアウト代表 年収2,000万
高校卒業後、アメリカへ留学。デューク大学でマーケティングとコンピュータサイエンスをダブル専攻する。卒業後は大手メーカー、コンサルティング会社を経て、29歳で独立。現在は広尾ガーデンヒルズで♂のドーベルマン"マイルス"と同居中。そろそろ結婚も考えているが、つき合っているGFはいずれも「帯に短したすきに長し」といった感じ…。

趣味…ジャズ演奏(cb.)とスポーツ(サッカー・ダイビング・テニスe.t.c)
愛車…メルセデスベンツE 240(仕事)・ジャガーJ(プライベート)

仕事を自己実現のツールと考えている彼の目下の懸案は、某大手自動車メーカーのコンペを勝ち取ること。ライバル会社はいずれも強力で、若手コンサルタントにとっては厚い壁である。だが、それゆえになおさら闘志を燃やしている。

前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 次のページへ
3-2
偶然
(まずはカフェオレでも飲みながら、花梨のリクエストを聞いてやろう!どこへなりともエスコートしてやるよ!独りぼっちになるはずだったオレに、こんな素敵なプレゼントをくれたお礼だよ・・予定通りにカンヌ行きを決行してもいいし、持ってきたTバック水着、一緒に着てもいいし…)

(香織に着せようと思って作オーダーした水着なのに、それが眼に入るたび、どうしても香織の面影が脳裏に浮かんでしまう)・・それにしても誰とどこに行ったんだ、香織は?。日本に帰ってから落ち着いて会う機会ができたら、とりあえずは今回の事を問い詰めよう。それによっては今後の二人の関係についても、きちんと話してもいいかもしれない…などと陽介は考えていた。そんなブルーな気分に沈みながら外出の支度を済ませ、一足先にロビーへ降りて花梨が来るのを待った。
昨夜パリ時間に合わせたばかりの(※注)ワールドタイムの文字盤は午前9時半を指している。花梨が来たら、旧市街のマルシェでもひやかしながら、カフェテラスで遅めの朝食かな?などと考えていると、、又ふいに背後から声をかけられた。
「こんなところで、何やってるの・・???!」
聞きなれた声、振り向く前にそれが誰だかわかっているのに、、やはり陽介の目は点になった。後ろに立っていたのは、ブルーのサングラスをかけて、ジーンズと白いTシャツに身を包んだ女。流暢な日本語の発音にもかかわらず、その姿が「パリあたりからふらりと遊びに来た小粋なマドモアゼル」にしか見えないのは、彼女の日本人の血の中に、4分の1だけフランス人の血が混ざっているからに違いない。
「か、香織…」と、絞り出すような声を上げると、サングラスを外した香織はうれしそうな顔で陽介を見つめた。「まさかとは思ったけれど、本当に陽介だったのね…でも陽介!何でここにいるの?」
「な、なあ、狐につままれてるようだ!・・きちんと説明してくれないか」
「きちんと説明してほしいのは私の方よ!」香織はまだその驚きを顔一杯にしたまま、陽介の横のソファーへ腰掛けた。
「私、パリに住んでいる父方の親戚に誘われて、昨日からこちらへ来てたのよ。それより貴方・・?」
「え、デートじゃなかったのか?」
「デート?何か勘違いしてない?最近GSMの番号を変えたばかりだったこともあって、私宛の伝言はないか?ってパリの部屋をシェアしてたキャシーに朝電話してみたの。そうしたら昨夜、貴男から連絡があったって。でね、、すぐに陽介さんのオフィスへ国際電話をかけたら、臨時休暇をとってフランスに来たって!・・でもこのホテルにいるんだもの、わたしびっくりしちゃって!」
「バカ!・・pレがここにいるのは、キミに会おうと思ってだよ!」〜「・・・??そうだったの、アリガトー!すっごく嬉しい!・・ホラ、あそこで散歩しているのが伯父さん夫婦なの、ほらあの二人が・・」そう言いながら香織は、表玄関の外へ向かって軽く手を振った。言う通り、そこには初老のフランス人夫妻らしい影がある。そう言われれば男性の方も少し東洋人っぽい面立ちだ。
「ああ見えても伯父のジャンは、エールフランス本社の旅客営業本部長なのよ。まぁ私が入社できたのも多少はそのコネだったけどね…」舌を出して笑う香織につられて、陽介もひきつった笑みを浮かべる…。と、そこへまたも背後から女の声が響いた。
「お待たせ。陽介さん!」

注 ワールドタイム:ジュネーブ唯一の名門時計メーカー、バティックフィリップ社のワールドタイムのこと。プッシュボタン一つで、世界の主要都市と時針、24時間リングがシンクロして現地の時間を表示するスグレモノの複雑時計。陽介が海外旅行する際の必需アイテムのひとつである。
前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 次のページへ

 Copyright@2007 ISM incorporated All Rights Reserved. 利用規約お問い合わせ会社概要