トップへお気に入りに登録ご利用ガイドよくある質問サイトマップ 
▼あなたを絶品の品々へご案内いたします。 いらっしゃいませ ゲスト
絶品堂とは?Zeppinな嗜好品Zeppinな身嗜みZeppinな贈り物Zeppinな休日・癒しZeppinなナイトライフ
会員メニュー 今日の運勢 | お気に入り | 仲間を招待する | 登録情報 | 購入履歴
新規会員登録
メールマガジン登録 商品カテゴリ
ワイン
チョコレート&スイーツ
お取り寄せ食材
  一覧へ >>
贈り物カテゴリ絶品堂musiczeppindo 倶楽部
絶品な知識
お客様の声
芥川陽介的ライフ
JAZZとそのお話
編集者の言葉
どうすればお金持ちになるのか
Bio診断

私って誰?

  一覧へ >>
▼お問い合せ
03-5766-2371
info@zeppindo.com

全ての商品やサービスについて、絶品堂スタッフが親切・丁寧に対応いたします。お気軽にお問い合わせください。
ホーム

芥川陽介的ライフ
芥川陽介
コンサルタント(株)シンクアウト代表 年収2,000万
高校卒業後、アメリカへ留学。デューク大学でマーケティングとコンピュータサイエンスをダブル専攻する。卒業後は大手メーカー、コンサルティング会社を経て、29歳で独立。現在は広尾ガーデンヒルズで♂のドーベルマン"マイルス"と同居中。そろそろ結婚も考えているが、つき合っているGFはいずれも「帯に短したすきに長し」といった感じ…。

趣味…ジャズ演奏(cb.)とスポーツ(サッカー・ダイビング・テニスe.t.c)
愛車…メルセデスベンツE 240(仕事)・ジャガーJ(プライベート)

仕事を自己実現のツールと考えている彼の目下の懸案は、某大手自動車メーカーのコンペを勝ち取ること。ライバル会社はいずれも強力で、若手コンサルタントにとっては厚い壁である。だが、それゆえになおさら闘志を燃やしている。

前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 次のページへ
8-2
ミシェルの不思議な人生・好転のきざし

・・カーテンから漏れる夏の日差しに裸体をさらけ出しながら、ベッドに倒れこんだミシェルは、、そのすべてをジェフに捧げた!、、と言うか、ジェフに言われるままの体位をとり、言われるままに、、、考えられないような恥ずかしい行動までもとったのだ!!・・ただ、このmake LOVEが彼女のそれからの人生を、劇的に変えて行く事になるのも知らずに・・

ミシェルから何の音沙汰もない状況のもと・・国ではアランが、以前行方不明のミシェルの捜査願いを出し、毎日警察に電話をする日々が続いていた。新聞やテレビでも昼夜を問わずニュースで報道されていた。ハイジャックされてからまだ1週間なので、遺骨のない葬式をするまでは至ってないが、アランも感情的には、あきらめに近いような気持ちがあったのかもしれない・・
・・急にアランの書斎の電話がなったのは、ミシェルの行方不明後13日目だった!
〜「アラン? 私、、ミシェルよ!」
「えっ?えっ? ミシェル?、、今、どこ?、、無事なのか?」アランの手が震え始めた
「どこからかけてるんだ?、、え?、ミシェル、、」
「今、テヘラン空港なの」
「まだイランにいるのか?、、でも良かった!、声が聞けて、、それで身体は大丈夫かい?」
「大丈夫よ、、OKだから!」
「怪我はないのかい、、ホントに?」
「大丈夫ですって!安心して。ただ持ち物全部とられて、パスポートもとられたから、テヘランのイミグレ(移民局)で足止めを食ってるの。今、当局の人に代わるから、私のことを証明してくれる?」
「わかった、わかった!」胸をなでおろすアラン・・
イラン移民局の担当者が電話を代わった「もしもし、アランさんですか、私イラン移民局のものですが、、」
「はい、私がアランです!」
「恐れ入りますが、お名前のスペルと誕生日、そしてお二人の結婚記念日を言って頂けますか?」
アランはすべて流暢に答えた(ただ結婚記念日だけは、思い出すのに少し時間がかかったが)
「わかりました。これで略式には証明できたので、多分奥様は出国が許されると思います。奥様に代わります、ありがとうございました・・(またミシェルに電話を代わった)あ、私です。これで出られる事ができると思うから、日にちとかが決まったらまた電話します。ところで香織は元気?ミルクは?」
「元気だよ!あのベビーシッターが住み込んでくれているので安心してくれ!ミルクも香織が好きなのを探して飲ませてるよ、ちょっと太ったかな?」
「そう、良かった!ホントごめんなさい、早く帰りたいのに・・」今まで胸の奥にしまいこんでいた心配事に触れたためか、ミシェルは急にむせぶ様に泣き出した、そしてそれ以上会話にならなかった・・第1回目の電話はそこで切れた!
その後アランは、どこにもぶつけようのないような感情に襲われた・・無事だとはわかったが、ミシェルに今までの行動や、彼女に一体何が起こったのかさえ聞けなかった。そんなやり場のない気持ちを抱いて、アランはまた淡々と時間が過ぎて行くのを、ただ待っている生活に戻らされた。大丈夫と言う返事だった、出国許可は下りたはずだ、、なのに、なぜ連絡が来ないんだ???・・家中を不安感というストレスが襲っている。まだ赤ちゃんの香織までもがそれを感じているらしく、夜泣きがひどくなり下痢が続いた・・そしてその後、何ヶ月待っても2回目の電話は来なかったのだ!

・・不思議な人生の最初を歩いたのは、香織でもアランでもなく、母ミシェルだったのだ・・
ずっと横に寄り添ってくれるジェフはとても優しかったが・・ミシェルは死ぬような思いでニュージーランドへ飛んだ。自分の命よりも大事な香織を、引きちぎられるような感情で見放したのだ!(アランの「香織は元気だよ!」という知らせがなかったら、私はパリに戻ったかしら?)などと考えてもみたが、、ちがう!(もしレイプされてなかったら、私はパリに戻ったかしら?)、、これもちがう!・・(じゃ本当はどうなのか?)・・本当の理由は思いもよらないところにあったのだ!
前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 次のページへ

 Copyright@2007 ISM incorporated All Rights Reserved. 利用規約お問い合わせ会社概要