トップへお気に入りに登録ご利用ガイドよくある質問サイトマップ 
▼あなたを絶品の品々へご案内いたします。 いらっしゃいませ ゲスト
絶品堂とは?Zeppinな嗜好品Zeppinな身嗜みZeppinな贈り物Zeppinな休日・癒しZeppinなナイトライフ
会員メニュー 今日の運勢 | お気に入り | 仲間を招待する | 登録情報 | 購入履歴
新規会員登録
メールマガジン登録 商品カテゴリ
ワイン
チョコレート&スイーツ
お取り寄せ食材
  一覧へ >>
贈り物カテゴリ絶品堂musiczeppindo 倶楽部
絶品な知識
お客様の声
芥川陽介的ライフ
JAZZとそのお話
編集者の言葉
どうすればお金持ちになるのか
Bio診断

私って誰?

  一覧へ >>
▼お問い合せ
03-5766-2371
info@zeppindo.com

全ての商品やサービスについて、絶品堂スタッフが親切・丁寧に対応いたします。お気軽にお問い合わせください。
ホーム

芥川陽介的ライフ
芥川陽介
コンサルタント(株)シンクアウト代表 年収2,000万
高校卒業後、アメリカへ留学。デューク大学でマーケティングとコンピュータサイエンスをダブル専攻する。卒業後は大手メーカー、コンサルティング会社を経て、29歳で独立。現在は広尾ガーデンヒルズで♂のドーベルマン"マイルス"と同居中。そろそろ結婚も考えているが、つき合っているGFはいずれも「帯に短したすきに長し」といった感じ…。

趣味…ジャズ演奏(cb.)とスポーツ(サッカー・ダイビング・テニスe.t.c)
愛車…メルセデスベンツE 240(仕事)・ジャガーJ(プライベート)

仕事を自己実現のツールと考えている彼の目下の懸案は、某大手自動車メーカーのコンペを勝ち取ること。ライバル会社はいずれも強力で、若手コンサルタントにとっては厚い壁である。だが、それゆえになおさら闘志を燃やしている。

前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 次のページへ
9-3
get back to work !

リーンリーン⇒「ハイ!(株)シンクアウトでございます、、あ!社長!!社長ですか?、、今どこ?」(こいつまただ!興奮すると敬語を忘れる癖だ!)
・・「オークランドだ!」
「え?大倉山にいるんですか・・?」(ホントにサイテーだ、こいつ!国際感覚の全くない女だ?!だから、焼き魚定食ばっか食ってるからだ!)っと、どうでもいいことまでケチをつけながら
「いいから前田に代わってくれ!」
「いません!」
「いない?何でだ?」
「出かけてるって言うか、まだ来てないって言うか?」
「エ?まだ来てない?」
「そう、最近遅くなっちゃって、、」
「わかった!じゃ来しだい電話くれ!」
「ハイ!、、代わりに私でわかる事があれば・・?」
「いらない、サンキュー!」・・プーっ!電話は切られた!?!

(香織はお母さんと会えた事で、何か人が変わったように優しくなったように思えたが、陽介はわざとその事には触れなかった。)・・香織と陽介は、香織のフライトのスケジュールに従って、2日後オーストラリア経由で成田に戻った。機内でも二人でゆっくり話すことはできなかった(シドニー⇒成田路線は込む事が多い)。
成田に着いてからも、(帰国者や入国者用の)一般入国カウンターはフライトアテンダントとは違うレーンになるので、陽介はその混み合ってる一般客の中から、手を振りながら「じゃ、ね、、電話するから、、」と香織に言って、自分のレーンに並んだ。そして会社にケータイで連絡した・・
第一声が「マイルスはどうだ?元気か?」だった。
しかしペットホテルの場所も聞かされていない社員は「さぁー?」
・・「そうだよな、言ってなかったもんね」と、(自分でマイルスをペットホテルに届けたことを思い出しながら)言って、、、すぐ「前田君は?」と話を変えた〜
「ハイ!前田でございます!」
「ずいぶん最近、重役出勤らしいじゃないか、、」
「え?誰がそんなこと?、、ア!、、先日私がいない時にお電話いただいた件ですか?、、あれはだって、社長!、、まだ会社始まる前だったんですよ!」
「え?、、始まる前?」
「そうです、9時前だったんですよ!」
「(あ、そうか!時差か!すっかり忘れてた!)悪い悪い!時差ボケだ!」
「そんなにボケるほどの時差はないでしょう?NZと東京じゃ、、」
「3時間だ!ボケちゃまずいか?」〜
「、、冗談ばっか言ってないで下さいよ!それよりグローバル自動車から新案件来てますよ!社長いないから困っちゃって、、何時にこっちへ来られます?」
「今、成田だから2時間後ぐらい、それでいいか?」
「わかりました!企画書まとめときますよ!」
「企画書書けないから困ってるんだろう?、、」
「・・?!?、、」
「じゃ、困ってないのか?」
「そんな・・?!(どうも社長、腹の虫がおさまらないらしい、、よっぽど何かあったのかな?、、まずいな、、こっちにとばっちりが来なきゃいいけど、、)」
入国検査をすませて、バッグが出てくるのを待ってすぐタクシーに乗った(以前はよく、(※注)成田近郊のパーキングサービスを利用していたが、最近は成田エクスプレスが多かった。ここのグリーン車はゆったりできていい。椅子もぐるぐる回って楽しいし、、)。電車の方が速いのだが、マイルスの事が気がかりで、一刻も早く電話したかったからだ
「芥川です。お世話になってます!うちのマイルスはどうですか?」
「ア、芥川さん、、お帰りなさい。ずいぶん今回は長かったんですね。マイルスちゃんは元気ですよ!ご心配いりません。毎日、朝夕はお散歩もかなりしましたから、、」
「(かなり?これは値上げ交渉の前触れかも知れないな?)そうですか、ありがとうございます。明日には引きとりにいけると思います、、また電話します。」
〜1件落着したところで、今度は向こうからかかってきた。
「社長、、前田です。今どちらですか?」
「湾岸(東関東道:湾岸道路)の上走ってるよ!」
「今、大丈夫ですか?」
「イイヨ!」
「あの、今、、花梨サンとおっしゃる方から電話があって、もし東京におられるなら至急お会いしたいとの事だったので、一応私はアイテナリー(旅行スケジュール)に関しては把握していないという事にしておきましたが、、」
「さすが前田だな!君はそうして声を聞くだけで、その相手がどういう人物だか、がわかるんだな!スゴイよ!」
「(良かった!腹の虫は消えたみたいだ・・)わかりませんよ!ただ、いつもの、、ア、すみません。ただ、どなたかを存じ上げなかったので、そういう風に返しておいただけです、、」
「わかった、サンキュー!じゃ、番号だけひかえといてよ、、」
「今言いますよ、090の、、」
「いらないよ!相手にとっては至急でも、俺にとってはどうでもいい事に近い・・」
「わかりました。じゃ、今度また電話来たらなんて言いましょう?」
「東京に帰ってくるかもしれないって、言っといてよ」
「わかりました・・かもしれない、ですね!」
「しつこくないか?」
「・・・・・・?(やっぱ、腹の虫のかけらは残ってるのか、、)」
〜陽介はその話の後、急に睡魔に襲われた〜タクシーで良かった、などと思いながら、そのまますんなり鼻ちょうちん系睡眠に入った。

会社に着くと、すぐグローバル自動車の新規依頼に目を通した。”この度の社名変更(グローバル自動車⇒グローバルCars)と、それに伴う告知含め、新車の発表もかねたコンファレンスなどについて、御社のご意見をお伺いしたく・・”〜「なるほどね、、(今度は競合しないで済むんだ。前回の競合の時のオレの見事な企画に、ものの見事にはまってくれたぞ)
じゃ今度は楽だな!ただ忙しいぞ。グローバルが社名変更したら、全ての看板から始まって、印刷物・挨拶状に至るまで、ものすごい量の変更・修正作業があるし、、、また、コンファレンスでは、なぜ社名を変更したのか、とかがディーラー達にはっきり認識してもらう為の何かが必要だからな!」
「そうなんですよね、、書き換え作業はすべてアドテクJapan社に振りましょう。ただグローバルも、わざわざコンファレンスと言ってるには、それなりの意味が・・それで社長と会いたいんじゃないですか?」
「そういう事だな。社名変更や新車発表と同時に、人事や組織の変更も絶対やるつもりだ。あそこは派閥があるからなぁー。社長は穏便でいいんだけど・・まぁとにかく、アポとってくれるか、前田」
「わかりました。明日以降で?」
「うん?、、今日がいいね!」
「・・今日ですか?、、は、はい!」

17:00グローバル社訪問が決まったところへ、、、一本の電話が入った。
「ご無沙汰してます・・お元気ですか?陽介さん?、、その節は色々と・・」
「どなたですか?」
「あ、ゴメンナサイ、、花梨です」
「ウーン!前にも言ったけど、、僕はその話には乗れませんよ、、」
「ええ、それは、はっきりお聞きしました。ただ周りの条件と言うか、環境が激変したのはご存知ですよね?」
「激変?」
「そう、、グローバル自動車の社長がお亡くなりになって」
「・・!?(知らなかった、、と言うよりうちの会社の人間は、誰一人その事を言わなかった)・・」
「もしもし、聞こえます?」
「あ、あ、ゴメン。ちょっと、、申し訳ないけど、かけ直していい?」
「・・え?わかりました。お待ちしてます」
「ゴメンナサイ!なるべく早くするから・・」と言って、いきなり電話を切った。そしておもむろにチェアの角度を変え、スタッフの方に向かって、、怒鳴った!
〜「おい!グローバルの社長が亡くなったって事、なぜ言わないんだ?」、、前田が答えた
「え、社長、、ご存じなかったんですか?あれは外国でもニュースになってると思ってたので、もうご存知かと、、」
「いや、向こうで忙しくてニュースなんか全く見てなかったよ・・そうか、そうか、、ごめん大声出して。わかったよ!それで社名変更なのか!」
「そういう事です!ただ次のCEOは、ひょっとしたら、あの加藤という専務かも、、?」
「そうか、、なんせあいつは創業者で前の会長の片腕だったらしいからな!ま、いずれにしても行ってから話を聞こう!」
〜陽介の頭の中はグルグル回り出した!まだグローバル自動車と会ってもいないのに!・・(花梨への折り返しの電話の事なんか、とっくにどっかへ行ってしまっているように見えた・・)


※成田近郊のパーキングサービス:1週間位の海外なら、安価で済むのでこのサービスは便利。ただ車を預ける時、空港の外の駐車場まで運転していって、そこでバスに乗り換えて空港まで行かなくてはならないのと、帰国した時、駐車場に電話して自分の車を空港まで届けてもらう。その間待たなくてはいけないので、時間はかかるし面倒でもあるが・・
前のページへ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 次のページへ

 Copyright@2007 ISM incorporated All Rights Reserved. 利用規約お問い合わせ会社概要