トップへお気に入りに登録ご利用ガイドよくある質問サイトマップ 
▼あなたを絶品の品々へご案内いたします。 いらっしゃいませ ゲスト
絶品堂とは?Zeppinな嗜好品Zeppinな身嗜みZeppinな贈り物Zeppinな休日・癒しZeppinなナイトライフ
会員メニュー 今日の運勢 | お気に入り | 仲間を招待する | 登録情報 | 購入履歴
Zeppinなチョコレート
チョコレート
カカオについて AMEDEI
テオブロマ・・・
ギリシャ語で”神々の食物”(18世紀スウェーデンの植物学者リンネによって命名された)と言う意味だそうでこれがカカオの学名だそうです。チョコレートの原料となるカカオ豆の最高品質は南米ヴェネズエラと言われる。
Criollo クリオロ種(原種)・・・パナマ運河以北に原生していたものを自国で栽培輸出したもの
Forastero フォラステロ種(原種)・・・上記以外のもので界に最も出回っている品種(90%以上)
Trinitario トリニタリオ種(上記2種の交配)・・・トリニダード島でできたことでこの名前がついた。
*更に細かく分けると300種にもなる。
クリオロ種は
カカオ全体の約10%で現地では”クリオージョ”(現地の、原産のと言う意味)と呼ばれるがこのクリオージョの中で最高のものは ”CHUAO”(チュアオ)村=首都カラカスの西方=産のものだと言われています。更にこのCHAO産の中でも選りすぐりの”エル・メホール”(最高の意味)はカカオ豆全体の一万分の1以下という少なさだと言われています。この希少性の高い謂わば幻のカカオを求めて世界のパティシェやチョコレートメーカーが鎬を削っている訳です。
*もう一つ希少性の高いカカオはクリオロ種の”ポルチェラーナ”でヴェネズエラでもたった5軒しか栽培している農家がない。
チョコレートは
当初飲み物として17世紀スペインに入り他の嗜好品同様富裕層のみの間で楽しまれていた。またこの富裕層とは別にカソリックの修道院(生命の飲料とされていた)ではずっと滋養強壮薬として飲まれていた。スペイン限られていたチョコレートは徐々にヨーロッパの貴族の間に浸透していったがちょうど同じ頃入ってきたコーヒーはチョコレートより速く市民階級に浸透していった。この時点でなにやらチョコレートは特権的、貴族的、カソリック的、に反してコーヒーは市民階級的、ピューリタン的 な感じがしてきます。
(新興勢力の市民階級は朝早く起きてコーヒーを飲みながら元気に朝食を取り、また街に出ては経済活動のための情報交換の場所としてカフェーを多いに利用する、一方毎晩派手なパーティに明け暮れていた貴族階級の連中は遅くまで起きられず市民階級のような朝食が取れずにベッドの中でチョコレートを飲むのが精一杯というデカダンスな生活態度が想像できます。)
19世紀になりチョコレートがビジネスとして成立し始めると飲むだけのものではなく持ち運びに便利な固形のものが開発されて現在私たちが食しているものが出来上がった。(飲むものから食べるものへ)日本では風月堂の創始者米津松造という人が最初にチョコレートを製造したそうです。当時は”貯古齢糖””猪古令糖”あるいは”千代古齢糖”などの文字が使われたといいますから隔世の感があります。森永製菓の前身森永商店が次々と商品を開発して日本におけるチョコレートの大衆化が多いに進みその後現在の不二家、明治製菓なども参入してきて現在に至っているとの事です。
チョコレート一覧
zpc000958
貴重な30個のみ!!絶品堂限定!!
AMEDEI 9 ノーヴェ
zpc001656
香ばしさが楽しめるミルクチョコレート
AMEDEI ヘーゼルナッツ・ミルク
zpc001657
大人のブラックチョコレートが新登場☆
AMEDEI アーモンド・ブラック
zpc000239
チョコレートに対する概念を打ち砕く芳香と贅沢なまろやかさ・・
AMEDEI チュアオ ナポリタン
zpc000238
カカオ70%の優雅で繊細な味わい・・
AMEDEI ポルチェラーナ
zpc000240
ワインとのマリアージュをお愉しみください
AMEDEI トスカーノブラック
zpc000421
蜂蜜のような優しい甘さと繊細な香り
AMEDEIトスカーノ・ブラウン
zpc000235
6カ国の味わいを堪能
AMEDEI クリュ



 Copyright@2007 ISM incorporated All Rights Reserved. 利用規約お問い合わせ会社概要